ニトリのすのこベッドの評判は?

「お値段以上」で有名な家具メーカーのニトリ。

どうでもいい話ですが、「お値段以上」ではなくて「お、ねだん以上。」が正しいようです(o^‥^)o


ニトリのすのこベッドも安くて決して悪くないのですが、インターネットの評判を調べると、寝返りを打つとギシギシするという口コミもあります。


あまり予算をけちりすぎて薄いすのこ板のベッドを買ってしまうと、寝心地に満足できずに、長く使えないことになってしまいます。せっかく買うのですから、できればずっと使い続けたいですよね。


あまり知られてないのですが、長く使えて寝心地の良いすのこベッドを選ぶポイントがあります。

それは、

耐荷重の大きなすのこベッドを選ぶこと。

耐荷重というのは、どのくらいの重さに耐えられるベッドなのかということ。

ほとんどの通販サイトの商品ページには書いてないのですが、低価格すのこベッドの多くは耐荷重が80kgというケースが多いです。

耐荷重80kgだと、大きな男性だとギシギシいうのは当たり前です。

体重が80kgもない女性や子供でも、長く使うことを期待するほうが難しいと思います。


その点はやはりすのこベッド専門店の「あすのこベッド」なら安心!

特に桐のすのこベッド「明日桐」とヒノキすのこベッド「明日香」は、すのこ板の間隔が短く、6本脚の構造としっかりした作り。

気になる耐荷重はなんと150kg!体重100kg以上の人でもきしまないそうです。

ベッドは脚が4本なのが普通なので、脚が6本もあるのってめずらしいですよね。


何をかくそう、私も明日桐を愛用しています。

見た目はシンプルで最初はデザイン性の高いベッドフレームと迷いましたが、飽きのこないデザインで他のインテリアとも合わせやすいので、今ではシンプルなデザインにして良かったと満足しています。

寝心地自体は使っているマットレスや敷き布団次第だと思いますが、ギシギシせず安定感があるので、安眠できます。おすすめです。

すのこベッド明日香

あすのこベッド